HOME>記事一覧>企業の監査や会計等を専門分野として働く方法

企業の監査や会計をサポートできる仕事とは

仕事

企業は年度ごとに決算を公表する必要がありますが、その時に監査で会計が公正である事を確認する仕事が公認会計士です。公認会計士は国家資格の一つに該当してきますから、働く為には資格を取得する必要があり、各自で勉強をする事が大切です。

学生が資格取得を目指すなら

グラフ

公認会計士の国家資格を取得するタイミングは人によって異なりますが、学生の時に目指す場合は予備校や専門学校等に入学すると安定したレベルの勉強ができます。予備校や専門学校には公認会計士になる為に必要な勉強を先生が分かりやすく教えてくれますから、知識が少ない人でも安心です。

社会人が資格の取得を目指すには

公認会計士の国家資格を既に社会に出て働いている社会人の方が目指す場合は、専門学校等に通うのは時間の確保的にも難しいです。社会人の方は休日や通勤時間や帰宅した後などの仕事の隙間時間を有効活用する必要があるので、通信講座を利用すると効率的に勉強できます。

試験を突破する為に必要な事とは

公認会計士の国家資格を取得する為にも試験に合格する必要がありますが、非常に難易度が高いです。予備校や通信講座等の各自のライフスタイルに合わせた勉強方法が用意されていますが、どんな勉強方法を選んでも各自の努力が必要になります。予備校や専門学校の場合は通信講座よりも先生が直接指導してくれるので学費が高くなりますが、分からない部分をその場で解決する事ができるので、効率的に勉強できます。