難易度が非常に高い国家試験

計算

日本にある国家資格の中でも司法試験に並ぶ高難易度の試験である公認会計士は、合格するまでにかなりの努力が必要となります。出題される科目は、会計学や財務諸表論など幅広いものとなっており、試験で出題される分野もかなり広いものとなっています。出題される問題は短答式試験だけではなく、論文式試験もあるので、細かい知識などもしっかりと習得できるように勉強をすることが必要となります。試験の時間もとても長く、会計学、監査論、租税方などの知識を要求されることになるので、試験に向けた勉強は過酷なものとなるでしょう。試験に合格した後も、実務経験を積んだ後に修了考査に合格をすることが求められるので、資格取得のハードルはかなり高いです。

効率的に学習を進めるために専門学校を利用

取得難易度が高い公認会計士試験に合格するためには、毎日かなりの勉強時間を確保しなければいけないので、働きながら合格を目指している人はかなり条件が厳しいものとなります。独学で参考書などを使って学習をすることもできますが、少しでも限られた学習時間を有効活用するためには、試験の専門予備校などを利用したほうが良いでしょう。予備校を選ぶ際には、自分が利用しやすい場所にあることが必須の条件であり、仕事が終わった後の時間に通うことが出来る場所にある講座を利用すると良いでしょう。資格の専門学校を利用すると、講座を受ける費用としてかなりの出費が必要となりますが、合格に向けた効率的な学習と、ノウハウを学ぶことが出来るメリットがあります。

模擬試験が多い学校を利用すると良い

公認会計士試験の勉強を進めていく上では試験対策をしっかりと行うことがとても重要となるので、独学でやみくもに学習を進めるよりも、ノウハウがある資格学校を利用したほうが効率的になります。人気が高い公認会計士試験や企業内でも評価が高くなるので、多くの資格専門学校が講座を行っているのでなるべく評判が良い所を選ぶと良いでしょう。過去にたくさんの合格者を出している資格専門学校であれば、試験対策もしっかりとしたノウハウがあるので、信頼して学習計画を任せることが出来るでしょう。資格学校によっては、模試が定期的に行われるところもあるので、本番に向けて模試を受けるようにすると、試験形式になれることができます。また、本番のような模擬試験を受けることで、自分の弱点を把握することが出来るので、学習すべきポイントなどを再認識することが出来るでしょう。論文試験は時間との闘いとなるので、文章を書く作業にも慣れることが重要となるので、模擬試験はとても大切です。